三越のお中元 2013

三越のお中元 2013 夏の贈り物

インターネットなら全商品 日本全国送料無料! 三越 エムカードで食品ギフトもご優待

2013年インターネット三越のお中元は終了いたしました。

【お知らせ】
三越のお中元ショップのお申し込み受付は、終了いたしました。
贈り物には、三越のギフトをご利用くださいませ。
贈り物は、大切な人を結んでいく。
三越のギフト 2014 スプリング アンド サマー 選べるギフト
三越のインターネットショッピングサイト
三越オンラインショッピング ショップモール 新商品やオススメ品をご紹介します。 ショップモールトップへ

お中元の豆知識

お中元の由来

「お中元」は中国から伝わり、日本の習慣と合わさって日本文化として定着したものです。昔の中国では1月15日、7月15日、10月15日を「三元」として祝う習慣があり、7月15日を「中元」として半年間の無事を祝い、祖先の供養をしました。それが日本のお盆の行事と結び合わさり、独特の行事となったのです。
これを機に親類や知人と訪問し合い、また集まって久しぶりの無事を確かめ合い、その際お互いに贈答をするようになったのです。この贈答の習慣をお中元と呼ぶようになりました。

お中元の時期

祖先供養が目的の中元でしたが、現在では中元時期の贈答習慣をお中元と呼ぶようになりました。東京周辺では、7月15日頃までに中元の贈り物をする習慣になっていて、それ以降は「暑中御伺い」、立秋すぎは「残暑お見舞い」で贈る傾向にあります。しかし地方では、8月15日頃が「中元」の風習になっています。これは陰暦と陽暦の違いによるもので、「お盆」と「中元」が同時期にあって、互いに関連している地方での風習のほうが、ことの起こりに近いようです。 贈る相手は、親戚、仕事関係でお世話になっている人、会社、職場の上司、仲人、恩師、親類、その他感謝の意を伝えたい人です。

喪中の時には

お中元もお歳暮も日頃の感謝を表す贈り物なので、不幸があった人でも贈って失礼にはなりませんが、四十九日がすんでいなければその後に、お中元ならば「暑中御伺い」「残暑お見舞い」などに表書きを変えて贈ればいいでしょう。 感謝の印として贈られてきたので、お返しは必要はありませんが、気にかかるようであれば、お礼状を出すのもいいでしょう。

現在のお中元

お中元好適品は時代とともに移り変わり、世相をよく表しています。戦後間もなくは、贈答よりも自分とその家族のことでいっぱいでした。昭和30年前後から40年にかけては、食料品では輸入洋酒、鮭の缶詰、調味料、大瓶のビール、砂糖の杉箱入りなど、大型の進物が流行でした。洋品ではクレープの下着上下や浴衣(ゆかた)の反物が圧倒的に多く、百貨店では包装するのに連日残業するほどでした。 そのような経緯を経て、現在では軽くて付加価値があったり蘊蓄(うんちく)があったりというプラスアルファの物語性を持つものが増えてきました。例えば、産地直送品、ブランド食品、自由に選べるカタログギフト、軽くて便利なものなどです。何でも揃っている世の中ですから、贈る側も工夫を凝らしているようです。そこに最適の贈り物があります。

三越のお中元ナビ

いざ選ぶとなるとあれこれ悩んでしまうお中元ギフト。三越のお中元ナビでは、そんなあなたの お悩みにお役立ち情報満載でギフト選びをサポートします。

お中元Q&A 意外と知らないお中元の常識。いざと言う時に困らない疑問にお答えします。

  • お中元とは
  • 誰に何を贈るか
  • お中元のマナー
  • お中元の時期
  • お中元の相場

お中元便利帳 三越ならではの商品紹介や、お中元に関する雑学など、夏のご挨拶に役立つ情報をお届けします。

  • 三越ブランドで贈るお中元
  • 手渡ししたい大切な方へのお中元
  • お中元「のし」あれこれ

お中元人気ランキング みなさまから選ばれた人気アイテムをカテゴリー別にランキング形式でご紹介。

  • 総合ランキング
  • 価格別ランキング
  • 限定品ランキング
  • ビールランキング
  • ハムランキング
  • そうめんランキング
  • スウィーツランキング
  • カタログギフトランキング
  • インターネット限定品ランキング