三越

メニューへジャンプします。 本文へジャンプします。 店舗案内 オンラインショッピング 企業情報
三越トップへご利用ガイドサイトマップ

ブラックフォーマルの種類 - 三越のブラックフォーマル

通信販売トップへファッションフード・菓子・ワイン暮らし・インテリア
 

立場やシーンによって違う装い方の基本

ブラックフォーマルの種類

弔事の席での装いは、故人との関係や集まりの種類によって変わってきます。会場で浮かないために、基本的な装いの種類を知っておきましょう。

 

ブラックフォーマルとは何か?

 

弔事のためのフォーマルスタイル

いわゆる冠婚葬祭で身につける礼服のうち、黒のものをブラックフォーマルといいます。男性の場合慶弔はありませんが、女性では通常、葬儀や法事など、弔事の席で身につける服を指します。

 

日常で着る「黒の服」とは違う

「礼服」としての格は上質な素材感があってこそ。同じ黒でも、普段着で代用はできません。大人の女性なら、大勢の参列者の中で見劣りしないよう、その場にふさわしい装いをしたいものです。

黒無地を美しく見せるには

 

ブラックフォーマルの種類

喪服としてのブラックフォーマルは3つの格に分かれます。式典の種類、参列する立場、故人との関係などによってふさわしい装いをしましょう。

 

正喪服

公的な葬儀や一周忌までの法要などで、喪主、親族など、故人に近い、改まった立場にある人が着用します。弔事での最も正式な装いです。

スタイル

装飾の少ないシンプルなワンピース、スーツ、アンサンブルなどで、スカート丈はひざ下からくるぶし丈まで。色は黒に限られ、つまった襟とひじの見えない袖丈が原則です。

素材

最も格が高いとされるのは無地、または地味な紋織り。最近は、ジョーゼットやジャガードなどで変化をつけることも。ただし光る素材や透けるものは避けます。

小物

白か黒の真珠、またはオニキス・ジェットなど黒いネックレスやイヤリングをつけます。不幸が重なるとされるので二連・三連のものはNG。その他小物も極力黒で揃えます。

 

準喪服

一般的な告別式、通夜、一周忌までの法要など、ほとんどの場合で通用する装い。正喪服と比べると、多少デザインで変化をつけることも許されます。

スタイル

ワンピース、スーツ、アンサンブルなどで、共布のフリルなど華やかにならない程度の装飾はOK。色は黒が原則で、袖丈は5分〜長袖、スカート丈はひざ下〜ミディ丈までです。

素材

正喪服に準じた素材が原則ですが、派手にならない程度の部分使いであれば、レースやサテン、ベロアやモールなどの素材も許されます。

小物

アクセサリーの約束ごとは正喪服に準じます。ストッキングについては、黒が無難ではありますが、通夜や法事の席であれば肌色でもよいでしょう。

 

略喪服

急な弔問や通夜、三回忌以降の法事で着用。形式にこだわらない「お別れの会」のような席や、葬儀後、時間を置いて故人宅を訪ねる時などにも向きます。

スタイル

黒のほか、紺やグレーなどダークカラーのシンプルな装いも許容範囲。ただし派手なものや肌を露出するものは避けます。ベルトなどは黒にするとベターです。

素材

正・準喪服の素材以外に、カジュアルにならない程度の素材ならOK。ストライプやチェックなどの柄物も、控えめであれば取り入れられます。

小物

準喪服に準じます。靴は黒を選びますが、冬などは、プレーンなデザインであればショートブーツでも構いません。ストッキングは黒または肌色を。

 
 

立場に応じた装いを心がけて

刺繍は黒に限られますが、華やかにならない程度ならよいアクセントに。襟元などの小さな刺繍や、高級感あるコード刺繍なら品よくまとまります。ジャケットのインナーにカットソーやニットを用いるのは、カジュアルな雰囲気になりやすいので あまりおすすめできません。

◎正喪服 ○準喪服 △略喪服

シーン 喪主(親族) 会葬者
お通夜
葬儀・告別式
初七日
四十九日
一周忌
法事

 

白いブラウスの着用はタブー

男性は白いシャツを着ますが、女性はインナーまで黒でまとめるのがルール。急な弔問やお手伝いなど、公式な度合いの低い場を除き、白いブラウスは控えます。

  • ブラックフォーマルのしきたりは地域や習慣によって異なりますので、あくまでも一般的な知識としてご参照ください。

Copyright(C) Isetan Mitsukoshi Direct Shopping Ltd. All Rights Reserved.