全国の銘菓 菓遊庵 オンラインショッピング

北海道・東北 信越・東海・北陸 関東 近畿・中国・四国 九州・沖縄
京都<京菓子處 鼓月>

京都に生まれ育ち、千寿せんべいといった和菓子の常識を超えた商品を、美味しさ本位の姿勢を貫き送り出しています。

代表銘菓
千寿せんべい
京都<総本家 河道屋>

元禄年間に菓子を商う傍ら、河漏(そば)を商っており、その一字の『河』をとり、河道屋と名乗ったのではないかと思われています。

代表銘菓
蕎麦ほうる
京都<聖護院八ッ橋総本店>

屋号は「玄鶴堂」。「玄」は金戒光明寺の通称の「黒」を。「鶴」は鶴の泣き声が琴の音色に似ていることから名付けられました。

代表銘菓
千寿せんべい 蕎麦ほうる 聖
京都<豆政>

明治17年(1884)創業。使用している五色は王朝以来、幸福を祈るとき必ず使われている瑞色といわれるものを使用しており、青は木、赤は火、黄は土、白は金、茶は水を表し、大地を象徴するとされています。大正天皇の献上菓子としても重用、八ツ橋と並ぶ京名物となります。100年以上の歴史を誇る豆政の看板商品です。

代表銘菓
五色豆
京都<三條若狭屋>

明治26年本家若狭屋(文化年間創業)より別家。初代柚軒、二代如泉と号し、二代続いた細工菓子の腕利きで飾り菓子の技術に秀でております。

代表銘菓
京絹巻
和歌山<那智黒総本舗>

明治10年和歌山県新宮市で黒飴「那智黒」は誕生しました。代表製品である「那智黒」よち社名を名付けたのが始まりです。

代表銘菓
那智黒
五色豆 京絹巻 那智黒
大阪<菊の露本舗 喜多林堂>

明治28年創業の大阪の飴菓子専門店です。素材を吟味し丁寧に拵えました香しい甘さの珠玉を皆様に広くご賞味いただいております。

代表銘菓
鶯林梅
割板
にっき飴
大阪<二ツ井戸 津の清>

宝暦2年(1752)に初代津乃國屋清兵衛が、二ツ並びの井戸の前に店を構え、屋号を「二ツ井戸 津の清」としました。

 



代表銘菓
粟おこし
岩おこし
生姜おこし
大阪<総本家 釣鐘屋本舗>

1900年(明治33年)、日本最古の宮寺四天王寺に、大梵鐘が地元有志により奉納され、その記念に釣鐘の鐘の形を模したまんじゅうを四天王寺門前で売り出したのが始まりです。四天王寺参拝のお土産としてなにわ文化を伝える銘菓となりました。

代表銘菓
釣鐘まんじゅう
鶯林梅 生姜おこし 釣鐘まんじゅう
大阪<井の一>

伝承製法の炭火手焼おかきの専門店。国産のお餅を自然乾燥して「干餅生地」を作り、それを備長炭で、丁寧に手焼きで焼上げています。

 


代表銘菓
切りもち
大阪<珍々堂>

厳選された山海の幸を二十種類以上ミックスした浪花発祥のあられです。


代表銘菓
吹寄せ
兵庫<有馬せんべい本舗>

明治時代、宝塚から有馬に伝えられたというせんべいを昭和32年「浅井産業」から「(有)馬せんべい本舗」となりスタートしました。

代表銘菓
炭酸せんべい
切りもち 吹寄せ 炭酸せんべい
兵庫<一番舘>

異国情緒あふれる神戸元町で40年が経ち、お菓子だけに厳選した今でも約2000種のチョコレートが揃います。

代表銘菓
ポームダムール
兵庫<今昔庵>

『たかが飴、されど飴』をモットーに昔ながらの製法で、歯切れの良さを追求し、今も昔も変わらぬ味を守り続ける飴づくり一筋の店です。

代表銘菓
塩あめ
兵庫<亀の井 亀井堂本家>

明治10年創業当時、湊川神社そばに店舗を構え、その近くに「亀の池」と呼ばれる池にちなんで亀井堂となりました。

代表銘菓
瓦せんべい
ポームダムール 塩あめ 瓦せんべい
鳥取<亀甲や>

寛永年間の岡山と鳥取の池田家のお国替えに亀甲からついてまいりました。染物やをやっていましたが、明治元年に最中やをはじめました。

代表銘菓
二十世紀
岡山<廣栄堂>

安政3年創業以来、健康・安全・新鮮・清潔をモットーに廣榮堂は手づくりの技と心を美味しいお菓子に込めて伝え続けています。

代表銘菓
きび団子
黒糖きび団子
広島<やまだ屋>

創業から守り続けてきた理念を礎に、時代に敏感に対応する精神を持ちながら、お客様に喜んでいただける商品を提供しています。

代表銘菓
もみじ饅頭
二十世紀 きび団子 もみじ饅頭
山口<江戸金>

創業者は江戸の生まれで幼名は金次郎。「江戸から来た金さんが焼く煎餅」と評判となり、屋号を「江戸金」としました。

代表銘菓
亀の甲煎餅
徳島<栗尾商店>

日本百名山の一つ霊峰剣山。その玄関口にあり、全国的にも珍しい二層うだつの街並みが今に残る、徳島県のつるぎ町に昭和4年創業。

代表銘菓
鳴門うず芋
愛媛<一六本舗>

創業が明治中頃の老舗菓子舗。848年の6月16日に16個の菓子を神前に供えて健康招福を祈願するなど、お菓子と関係の深い一六を屋号としました。

代表銘菓
一六タルト
亀の甲煎餅 鳴門うず芋 一六タルト
愛媛<中野本舗>

羊羹の中に入っている白い豆が薄暮に舞う桜の花びらを思わせる風情あるお菓子です。大正8年全国菓子大博覧会で最高賞である名誉大賞、昭和52年名誉総裁高松宮賞を受賞。

代表銘菓
こざくら羊羹
薄墨羊羹
愛媛<別子飴本舗>

明治元年創業。老舗の飴菓舗です。別子飴は伊予路を代表する銘菓のひとつとしてお茶請けやお土産に永く親しまれております。

代表銘菓
別子飴
愛媛<母恵夢>

フランス帰りの画家にこの菓子は、POEM(詩)の香りがすると称され、後に母の恵みの夢と漢字があてられました。

代表銘菓
母恵夢
薄墨羊羹 別子飴 母恵夢
高知<西川屋老舗>

創業元禄初年、西川屋は白髪素麺、麩、菓子を製造し山内一豊公の土佐御入国より明治維新まで御用菓子司として仕えていました。

代表銘菓
ケンピ
芋けんぴ
香川<宗家久ツ和堂>

創業家田村家の家紋が、丸に十の字の「くつわ紋」でありましたので、当社の屋号を「くつわ堂」としました。

代表銘菓
くつわせんべい
 
ケンピ くつわせんべい  
近畿の銘菓 商品一覧
北海道・東北 信越・東海・北陸 関東 近畿・中国・四国 九州・沖縄